子宮頸がんの原因はウイルス!

  • 子宮頸がんの原因はウイルス!
  • HPVとは

子宮頸がんの原因は、ほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV) というウイルスの感染。皮膚と皮膚(粘膜)の接触によって感染するごくありふれたウイルスで、すべての女性の約80%が一生に一度は感染しています。

図:ヒトパピローマウイルス(HPV)イラスト提供:GSK Biologicals
子宮頸がん(しきゅうけいがん)はその他のがんと異なり、原因が解明されています。子宮頸がんの原因は、ほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染であることが明らかになっています。子宮頸がんの原因である発がん性HPVは、皮膚と皮膚(粘膜)の接触によって感染するウイルスで、多くの場合、性交渉によって感染すると考えられています。HPVは、すべての女性の約80%が一生に一度は感染していると報告があるほどとてもありふれたウイルス。そのため、性交経験のあるすべての女性が子宮頸がんになる可能性を持っています。
  • ※Castellsagué X.et al.:Gynecol Oncol.115(3 Suppl), S15-23,2009

子宮頸がんの原因ウイルスの発見者が2008年ノーベル生理学医学賞を受賞

ヒトパピローマウイルス(HPV)が発見されたのは1983年のこと。
これにより、女性のがんとして世界では2番目に多い子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルスの一種が子宮頸部に感染することにより発症することが明らかになりました。
この、「子宮頸がんを引き起こすパピローマウイルス」を発見した独がん研究センターのハラルド・ツア・ハウゼン名誉教授には、2008年ノーベル生理学医学賞が授与されました。
この研究成果をもとに予防ワクチンが開発され、現在、世界100カ国以上で使われています。

子宮頸がんの原因はウイルス!
HPVとは
HPVとは
HPVは100種類以上のタイプが存在。 このうちの約15種類が発がん性HPVと呼ばれています。
もっと詳しく
allwomen.jpとは?

このページのトップへ

「子宮頸がん」ってどんな病気?
子宮頸がんとは?
どんな人がなりやすい?
子宮頸がんの症状
子宮頸がんの治療法
子宮頸がんの原因は「ウイルス」
子宮頸がんの原因はウイルス!
HPVとは
子宮頸がんは「予防できる」
まずは検診を受けましょう
子宮頸がんの予防ワクチン
予防ワクチンの接種方法