どんな人がなりやすい?

  • 子宮頸がんとは?
  • どんな人がなりやすい?
  • 子宮頸がんの症状
  • 子宮頸がんの治療法

子宮頸がんは、特別な人がなる病気ではなく、女性なら誰でもかかる可能性のある病気です。

『がん』と聞くと、身近な家族や親戚にがんになった人がいるとなりやすいというイメージがありますが、子宮頸がん(しきゅうけいがん)は遺伝などに関係なく、性交経験がある女性なら誰でもなる可能性のある病気です。
近年では20代後半から30代に急増、若い女性の発症率が増加傾向にあります。子宮頸がんは、女性特有のがんの中では乳がんに次いで第2位を占めており、特に20代から30代の女性においては、発症するすべてのがんの中で第1位となっています。

図:子宮頸がんの罹患率と死亡率(日本人女性)国立がんセンターがん対策情報センター / 図:日本における20〜39歳の女性10万人当たりの各種がんの発症率推移 国立がんセンターがん対策情報センター、人口動態統計(厚生労働大臣官房統計情報部)

また、全世界で毎年、27万人もの女性が子宮頸がんによって大切な命を失っています。これは時間に換算すると約2分間に1人の割合。日本でも、毎年約15,000人(上皮内がんを含む)が子宮頸がんと診断されています。
なお、同じ子宮にできるがんでも、子宮体がんは閉経前後の50代から60代の女性に多く、若い女性に多い子宮頸がんとは対照的です。

図:各地域における子宮頸がんの年間新規患者数と死亡者数 出典:GLOBOCAN 2002
子宮頸がんとは?
どんな人がなりやすい?
子宮頸がんの症状
子宮頸がんの治療法
子宮頸がんの症状
初期にはほとんど症状がない病気です。 がんが進行すると、子宮摘出だけでなく、命にかかわることも。
もっと詳しく
病医院検索
子宮頸がん予防ワクチン接種が可能なお近くの医療機関を検索できます。
今すぐ検索
よくある質問Q&A 子宮頸がん予防ワクチンの定期接種について
病医院検索 HOSPITAL SEARCH
子宮頸がん予防ワクチン接種が可能なお近くの医療機関を検索できます。
今すぐ検索
allwomen.jpとは?

このページのトップへ

「子宮頸がん」ってどんな病気?
子宮頸がんとは?
どんな人がなりやすい?
子宮頸がんの症状
子宮頸がんの治療法
子宮頸がんの原因は「ウイルス」
子宮頸がんの原因はウイルス!
HPVとは
子宮頸がんは「予防できる」
まずは検診を受けましょう
検診の種類と費用
子宮頸がんの予防ワクチン
予防ワクチンの接種方法
よくある質問Q&A
子宮頸がんについて
検診・ワクチン接種について
ワクチンの効果について
安全性について
子宮頸がん予防ワクチンの定期接種について
その他