未来のあなたのためにしきゅうのお知らせ

子宮頸がんは、20~30代にかけて発症率急上昇!

日本人全体で年間15,000人が発症し、約3,500人が死亡している子宮頸がん、発症状況の調査によると20~30代にかけて子宮頸がんの発症率が急上昇するというデータが見られます。

子宮頸がんは発がん性ヒトパピローマウイルス(HPV)に感染すると数年~十数年かけて発症するので、10代前半で接種するのが最も効果的です。※1

また、ワクチン接種だけでは、完全には子宮頸がんを予防できません。より確実に予防するために、20歳以降は定期的に検診を受ける必要があります。※2

  • *1 参考:日本産科婦人科学会、日本産婦人科医会編:産婦人科診療ガイドライン 婦人科外来編2011
  • *2 参考:健発第0331058号 厚生労働省健康局長通知「がん予防重点健康教育及びがん検診実施のための指針について」(平成20年3月31日)

未来のあなたのために

図:子宮の構造と女性性器がんの種類

子宮頸がんとは?

子宮の入り口付近、「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」にできるがんを、「子宮頸がん(しきゅうけいがん)」といいます。子宮頸がんになった場合、子宮や子宮のまわりの臓器を摘出しなければならなくなることがあります。

予防するには?

ワクチン接種
半年間の間に3回、腕の筋肉に注射し、接種後8.4年間は有効であり、20年間は抗体価が持続することが推計されています。子宮頸がんの多くを占めるHPV16型とHPV18型の感染を防ぎます。
もっと詳しく
検 診
このワクチンは全ての発がん性HPVの感染を防ぐことができるわけではありません。子宮頸がんを完全に防ぐためには、予防ワクチンの接種だけではなく、定期的に検診を受けることが大切です。20歳を過ぎたら、1〜2年に1度は子宮頸がん検診を受けるようにしましょう。
もっと詳しく

公費助成について

2013年度(2013年4月)より小学校6年生(12歳相当)~高校1年生(16歳相当)の女児を対象に、子宮頸がん予防ワクチンが定期接種となっています。
詳細についてはお住まいの自治体にご確認ください。

お医者さんと相談のうえ、接種ワクチンをご検討ください。

  • 病医院検索
よくある質問Q&A 子宮頸がん予防ワクチンの定期接種について
病医院検索 HOSPITAL SEARCH
子宮頸がん予防ワクチン接種が可能なお近くの医療機関を検索できます。
今すぐ検索
allwomen.jpとは?

このページのトップへ

「子宮頸がん」ってどんな病気?
子宮頸がんとは?
どんな人がなりやすい?
子宮頸がんの症状
子宮頸がんの治療法
子宮頸がんの原因は「ウイルス」
子宮頸がんの原因はウイルス!
HPVとは
子宮頸がんは「予防できる」
まずは検診を受けましょう
検診の種類と費用
子宮頸がんの予防ワクチン
予防ワクチンの接種方法
よくある質問Q&A
子宮頸がんについて
検診・ワクチン接種について
ワクチンの効果について
安全性について
子宮頸がん予防ワクチンの定期接種について
その他
関連情報
市民公開講座のお知らせ
このサイトを監修した先生からのメッセージ
ドキュメンタリースペシャル動画
子宮頸がん予防啓発資料
子宮頸がん啓発団体に関する情報サイト
リンクバナー