安全性について

  • 子宮頸がんについて
  • 検診・ワクチン接種について
  • ワクチンの効果について
  • 安全性について
  • 子宮頸がん予防ワクチンの定期接種について
  • その他
Q01.現在は子宮頸がんのワクチンは定期接種を中止されたのですか?

定期接種を中止されたということではありません。
平成25年6月14日付、厚生労働省から各都道府県知事宛てに通知された通り「定期接種を中止するものではないので、対象者のうち希望者が定期接種を受けることができるよう(予防接種法の規定による)対象者等への周知等を行うとともに、接種機会の確保を図ること。」とされています。接種する際はHPVワクチンの有効性、安全性等について十分に説明を受けた上で判断されることをお勧めします。

この回答をシェアする
  • 友だちに教える
  • Twitter
  • Facebook
  • del.icio.usブックマーク
  • はてなブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • mixi
  • アメーバブログ
Q02.積極的勧奨を控えるということは安全性に問題があるのですか?

平成25年6月14日付、厚生労働省から各都道府県知事宛て通知の冒頭部分にある通り、厚生労働省にて開催された調査会において、ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛がHPVワクチン接種後に特異的に見られたことから、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではないとされたためです。弊社としては今後も引き続き安全性情報の収集と提供に努める所存です。

この回答をシェアする
  • 友だちに教える
  • Twitter
  • Facebook
  • del.icio.usブックマーク
  • はてなブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • mixi
  • アメーバブログ
Q03.自治体からの通知で積極的勧奨を控えるとありましたが、今後、一時中止(または中止、または販売中止)の予定はありますか?

現時点で販売中止の予定はございません。弊社としては世界先進諸国並びにWHO(世界保健機関)で推奨している子宮頸がん予防ワクチンの効果・安全性を確信しております。今後とも本剤の適正使用のための安全性情報の収集と提供に努めて参ります。 

この回答をシェアする
  • 友だちに教える
  • Twitter
  • Facebook
  • del.icio.usブックマーク
  • はてなブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • mixi
  • アメーバブログ
Q04.1回(2回)接種を受けていますが、残りの接種はどうすればいいのですか?

子宮頸がん予防ワクチンは引き続き定期接種に入っているワクチンで、今回の措置は接種自体を中止するものではありません。残りの接種については、平成25年6月14日付、厚生労働省から各都道府県知事宛て通知されたリーフレットに記載されている通り、ワクチンの有効性と安全性を十分に理解された上で(接種医ともご相談の上)ご判断いただきたく存じます。

この回答をシェアする
  • 友だちに教える
  • Twitter
  • Facebook
  • del.icio.usブックマーク
  • はてなブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • mixi
  • アメーバブログ
Q05.報道のされている疼痛などの副反応とサーバリックスの因果関係が認められたということですか。

注射部位に限局しない激しい疼痛については、改訂した接種上の注意にもある通り、現時点で発生機序は不明であり、サーバリックスとの因果関係は明らかになっていません。

この回答をシェアする
  • 友だちに教える
  • Twitter
  • Facebook
  • del.icio.usブックマーク
  • はてなブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • mixi
  • アメーバブログ
Q06.報道されているCRPS(複合性局所疼痛症候群)は、子宮頸がんワクチン特有の副反応ですか?

CRPSは一般的には骨折などの大きな外傷後に発症することが多いのですが、献血などの注射針の刺激程度によっても発症することがあり、子宮頸がんワクチンとの因果関係は現在調査中であり明らかになっていません。

この回答をシェアする
  • 友だちに教える
  • Twitter
  • Facebook
  • del.icio.usブックマーク
  • はてなブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • mixi
  • アメーバブログ
Q07.子宮頸がんの定期検診を受ければ、ワクチン接種の必要はないのですか?

検診は、がん病変の早期発見・治療が目的である一方、ワクチンは子宮頸がんの原因と考えられるHPVの感染を予防するためのものであるため、子宮頸がんの十分な予防には、定期検診とHPV感染を予防するワクチン接種の両方が大切です。

検診の結果が「異常なし」であっても、原因となるHPVにすでに感染していたり、検診後に新たに感染してしまった場合、子宮頸部の細胞に異常が生じ、将来的に子宮頸がんが引き起こされる可能性もあるため、少なくとも1~2年に1度は検診を受けることが大切です。近年増加傾向にある腺がんは、検診では発見されにくいと言われています。したがって、検診だけで100%子宮頸がんを予防することは困難です。

検診で異常が見つかった場合、早期であれば、円錐形に病変を切り取る手術も可能です。しかしこの手術によって早産や流産のリスクが高くなる可能性もあります。子宮頸がんは女性にとって心身ともに大きな負担となる疾患ですので、定期健診に合わせて接種するワクチンの役割は大きいと思われます。

この回答をシェアする
  • 友だちに教える
  • Twitter
  • Facebook
  • del.icio.usブックマーク
  • はてなブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • mixi
  • アメーバブログ
Q08.予防ワクチンを接種すれば検診は必要ありませんか?

予防ワクチンは、子宮頸がんの原因となりやすいHPV 16型と18型のウイルスに対する免疫をつくるものです。したがって予防ワクチンを接種することで、HPV 16型と18型の感染を防ぐことができますが、全ての発がん性HPVの感染は防げません。子宮頸がんにかかる可能性はあります。したがって、子宮頸がんの十分な予防には、定期検診とHPV感染を予防するワクチン接種の両方を行うことが大切と考えられます。

この回答をシェアする
  • 友だちに教える
  • Twitter
  • Facebook
  • del.icio.usブックマーク
  • はてなブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • mixi
  • アメーバブログ
Q09.子宮頸がんワクチン・サーバリックスは、HPV16型と18型の感染を防ぐ予防ワクチンであるといわれていますが、HPV16型と18型の全体に占める割合は高いのですか?

HPV 16型とHPV 18型と呼ばれる2種類は、子宮頸がんを発症した20~30代の女性の約70~80%から見つかっています。

この回答をシェアする
  • 友だちに教える
  • Twitter
  • Facebook
  • del.icio.usブックマーク
  • はてなブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • mixi
  • アメーバブログ
Q10.子宮頸がんワクチンはヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防するもので、「子宮頸がん」を予防する効果はないのですか?

子宮頸がんは、ヒトパピローマウイルス(HPV)に持続的に感染することで、前がん病変を生じ、浸潤がんと進行します。したがって、ワクチンによりHPVの持続感染を防ぐことによって、前がん病変の予防と子宮頸がんの発症予防が可能になると考えられています。

この回答をシェアする
  • 友だちに教える
  • Twitter
  • Facebook
  • del.icio.usブックマーク
  • はてなブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • mixi
  • アメーバブログ
Q11.ワクチンの予防効果はどれくらいの期間持続するのですか?

ワクチンの予防効果は現在も検証中ですが、これまでに9.4年まで効果が持続することが報告されています。

この回答をシェアする
  • 友だちに教える
  • Twitter
  • Facebook
  • del.icio.usブックマーク
  • はてなブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • mixi
  • アメーバブログ
Q12.子宮頸がんは深刻な病気なのですか?

20~30代の女性が発症するすべてのがんの中で発症率第1位であり、日本では1日に約10人の女性が子宮頸がんによって死亡しています。
また、死亡に至らない場合でも、罹患による治療の過程で、子宮摘出による後遺症、卵巣欠落症候群、排尿・排便障害、リンパ浮腫、性交障害、転移・再発の不安など、さまざまな精神的・肉体的負担を負うことがあります。子宮頸がんは定期的な健診とワクチンによって予防が可能な病気です。
子宮頸がんとは?
子宮頸がんの症状

この回答をシェアする
  • 友だちに教える
  • Twitter
  • Facebook
  • del.icio.usブックマーク
  • はてなブックマーク
  • Googleブックマーク
  • Yahoo!ブックマーク
  • mixi
  • アメーバブログ
子宮頸がんについて
検診・ワクチン接種について
ワクチンの効果について
安全性について
子宮頸がん予防ワクチンの定期接種について
その他
よくある質問Q&A 子宮頸がん予防ワクチンの定期接種について
病医院検索 HOSPITAL SEARCH
子宮頸がん予防ワクチン接種が可能なお近くの医療機関を検索できます。
今すぐ検索
allwomen.jpとは?

このページのトップへ

「子宮頸がん」ってどんな病気?
子宮頸がんとは?
どんな人がなりやすい?
子宮頸がんの症状
子宮頸がんの治療法
子宮頸がんの原因は「ウイルス」
子宮頸がんの原因はウイルス!
HPVとは
子宮頸がんは「予防できる」
まずは検診を受けましょう
検診の種類と費用
子宮頸がんの予防ワクチン
予防ワクチンの接種方法
よくある質問Q&A
子宮頸がんについて
検診・ワクチン接種について
ワクチンの効果について
安全性について
子宮頸がん予防ワクチンの定期接種について
その他